Auto CADって何?

Auto CADは、主に日本で広く使われている、汎用CADのデファクトスタンダード的なものです。

CADというのは、もともとは製図をするためのソフトウェアで、60年代に汎用機で使うものとしてアメリカで誕生しました。
汎用機というのは、パソコンがない時代の、巨大なコンピューターのことです。
アメリカ国防省では航空機の設計に必要な膨大な図面を効率的に作成し、管理する必要を感じており、その要求に応えて作られたものです。

こうして汎用機の製図システムとして始まったCADは、コンピューターとともに発展を続け、パソコンの登場と高性能化、低価格化による爆発的な普及にともない、パソコンで動くソフトウェアとして幅広く使われるようになりました。
そして現在では、三次元データの処理機能を得ることにより、単なる製図システムから設計システムへと進化しています。

CADは、建築用や土木用、機械設計用など、用途に応じて極めて高度に専門化されています。
それに対し、建築分野を中心に用途を限定しないCADが使われるようになりました。
これを汎用CADといいます。

汎用CADの利点として、特定分野で満点を出すことはできなくても、複数の分野である程度満足のいく出来の仕事ができることが挙げられます。
高度な専門性を必要としない中小企業などが扱うには、充分な内容ということです。
そのうえ、専門の物より安価に購入できます。

こうした汎用CADのなかで、世界的なシェアを得たのがAutoCADです。
なぜAutoCADがデファクトスタンダードとなりえたのか、またその利点はなんなのか、当サイトにてご紹介します。

Copyright © 2014 Auto CADの概要 All Rights Reserved.